米スマホ市場「iPhone」優位に。安さ爆発「Android」に陰り? #Google #Android #iphone

OS的にはAndroid優勢!

なんて記事をずっと読まされてきたけど
そろそろそんな記事も終わりなのかもしれない。

2014年1月comScore調べによる

米国市場メーカー別のシェアでは

1位 Apple 41.6%

2位 サムスン 26.7%

3位 LG 6.9%

ということで、会社的には堂々Appleさんの一人勝ち。

それでもサムスンの市場シェアが1.3ポイント上昇したというから
ワンサイドではないのでしょうけれど、LGもNexus5がありながら
この体たらくということは、もうどこもAndroidに関してはキツイ状態なのでしょう。

 

さて、OS分野(?)では

Android 51.7%

iOS 41.6%

Windows Phone 3.2%

BlackBerry 3.1%

ということで、意外にもAndroidが圧倒的優位ではなく
Appleが根強いということ。

そして、その他はもう笑ってしまうような状態…。

 

スマートフォンのハイエンドはどうなっている?

Windows PhoneもBBも高級な電話に入るので
このシェア率はあまり意味が無いようにも思いますが
Androidのシェアのなかで、商売になっているのがどれほどか?
ということが心配。

 

わざわざ記事にまでしたのは、次のポイント。

Androidの米国における市場シェアが0.5ポイント下落したそうだ。

市場シェアを語る上でAndroidが圧倒的優位にあったはずだ。
1万円前後のスマホを用意に作成できる素敵なOS、Android。

iPhoneが欲しくても買えない、もしくは、最新のデバイスの
かっこよさを気軽に手に入れたい層にはAndroidは最適なOSだ…
ったはずなのだが、この度、何らかの陰りがみえたというから大変。

サービスが進化/深化を進めるに連れ、難解化するAndroidに
利用車たちの嫌気がMax状態に達したのか

どこかでiPhoneを触るタイミングを得たユーザーが、Androidが
コストパフォーマンス的に優れていたとして、何ヶ月も持つものとしては、
及第点に満たないものとして認識が定着し始めたのかもしれない。
(慢性的リピーター離れかな?)

まぁ、米国市場限定の話しだしな…。

残念ながらネタ元の数値からはそういった現象の根拠は読み取ることはできないし
アメリカ市場での数値上の問題だったわけだし、実際良いスマホといったとき
iPhoneが全てではないのはよくわかるが、どうもAndroidは
エース格のサムスンが新製品を出しながらも、息切れをしているということだ。

 

OSののシェア的には、FirefoxOSが今後の脅威になるのでは?

FirefoxOSの3000円くらいの機種が世の中に出回れば
Androidはひとつの時代に幕を下ろすことになるだろう。

LinuxがWindowsのシェアを取ることは現在まではなかったが
ChromeOSという変速ディストリビューターによってどうやら
市場が崩れ始めていることと同じように
ある程度の信頼の置けるサービス提供者と安さがあれば、市場はひっくり返る。 

FirefoxOSによってAndroidのOSのとしてのシェアは
日に日に削り取られていくことになるのでは。

Google的には、FirefoxOSに関して牽制を入れるかは不明。

速いCPUと潤沢な電力でぶん回すOS=Androidを
3000円を切る安いデバイスで運用することが叶うかどうかは不明ということ。

OSのシェアがFirefoxOSにごっそり取られたあとの状況で
Androidが現状の市場におけるパフォーマンスが維持できるかがささか疑問だと言うこと。

iPhoneを残して、スマホ総崩れの構図に陥るのではないでしょうか?

FirefoxOSが3000円くらいの価格で世の中に提供されるに至り
Mozillaが儲かるのかどうか、そんなことはだれも知らなくていいこと。
(3000円の新品が中国、アフリカ、メキシコ、スペインなどで流行ることは十分考えられる。)
Android陣営がiOSに対して行っていた攻勢の勢いに陰りが見え
Google自体もそれほどAndroidに興味がわかなくなってきている現在
ユーザーに提供される優れた電話が、数年後にはiPhone一択になっているんじゃないか?
という、ちょっとしたスリラーをポストして今日は〆るとしましょう。
(問題が有るとすれば、高級端末にセカンドオピニオンがなくなるということくらいかな?
Androidが無くなったとして、だれも、Googleさえも痛みを覚えることはないでしょうから。)

 
  <パオ!
ネタ元

米スマートフォン市場、「iPhone」「Android」の寡占状態が続く–コムスコア調査

CNET Japanさん

comScore Reports January 2014 U.S. Smartphone Subscriber Market Share

comScore, Incさん

GoogleのAndroid担当責任者が交代、Andy Rubin氏は別プロジェクトへ

INTERNET Watchさん.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です