ソフトバンク特別顧問松本氏発言から類推:iPhone 5SはTD-LTE対応!? #iphone #softbank

Gizmodoさんの記事をななめ読みしていたら

中国の上海で開催されたMobile Asia Expoの講演において
ソフトバンクの特別顧問、松本徹三氏が
TD-LTEの広がりが跳ね上がると話をしていたとか。

日本ではWillcomがSBMに吸収されるときにSBMに渡った忘れ形見
AXGPの普及の数値が

今年はおそらくこの数値が跳ねる。理由は言えませんが

といっているそうなんだよ!

ΩΩΩ<な、なんだってー!?

…?

で、そんなことの何が凄いの?

ということになりそうですが、ちょっとココで小難しい話。

AXGPと完全互換*TD-LTE(3.9G)中国で
次世代の事実上のスタンダードになってきており、
昨日も
Xperia SP M35tの発表があるなど
高付加価値なスマホが中国進出をする際は
採用していることが望ましい規格になりつつあるようで。

*XGPは、XGP規格をチャラにして中国で採用されつつあった
TD-LTEに完全互換にした規格。XGPとは利用する
回線帯域が同じ。TD-LTEとはほぼ同じものですね。 


今回の松本氏の発言、AXGPの契約「数値が跳ねる」のはなぜ?
⇒今年予定されている数値が跳ねるほど上がるキラーアプリがあるから。
⇒数が跳ねるほどのキラーアプリ?…
⇒SBMのキラーアプリといえばiPhone5S…
iPhone5SがAXGP対応!!!!!!!!111
⇒じゃ、iPhone5Sは中国ならTD-LTE対応ってことだ!
⇒88888
ということらしい。 

 

この意味深な発言、TD-LTEのiPhone対応の話題が出た途端
Mobile Asia Expoの会場は大いに湧き上がったそうです。
日本ではSoftbank4Gなんて名前で展開されてますが、回線にまだ
余裕が有るでしょうから、日本でも歓迎されることになるんじゃないかなぁ。
(SBMはAXGP回線とEmobileのLTE回線を手に入れたので
アドバンテージはありますよね。) 

回線がリッチになることで実現する世界ってのもありますから
次期iPhoneであるiPhone5Sはインフラの成熟も併せて
日本(のソフトバンクモバイル)や中国(の中国移動)に関して言えば、
とても恵まれた製品になるんじゃないでしょうか?

 
とある科学の超電磁砲S 御坂美琴 お姉様覗き見Ver. <ちょ、まだ何も言ってないんだから…
ネタ元

iPhone 5SはTD-LTE対応に? ソフトバンク特別顧問の松本氏が意味深発言

ギズモード・ジャパンさん

ニュース – ソニーモバイルがTD-LTE対応のXperiaを発表、中国移動向け

ITproさん

 


コメント

ソフトバンク特別顧問松本氏発言から類推:iPhone 5SはTD-LTE対応!? #iphone #softbank — 4件のコメント

  1. ピンバック: 米連邦通信委員会がソフトバンクのSprint買収を承認 #nenet #iphone | ねねっとTechDiner

  2. ピンバック: 【低廉iPhone Lite】iPhone Liteと型落ちになるiPhone5の微妙な関係【型落ちiPhone5】 | ねねっとTechDiner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です