Apple税を華麗にスルー「コンテンツ配信はHTML5で」と言う流れが決定的に。 #nenet

米Amazonが8月10日、ウェブアプリケーション
Kindle Cloud Reader
を発表。
Web上で提供するWebアプリケーションサービスのローンチ。

Kindlecloud 
ブラウザ内で動くアプリエーションでコンテンツを提供し始めたわけだ。
PCであれiPadであれ、Androidであれ、SafariやChromeが動けば
「Kindle」用電子書籍が閲覧できてしまうわけだ。
(今後対応ブラウザは増える模様だが、いまのとこWebkit系のブラウザで検証済みらしい
ちなみに、PCで使おうとするとアプリのインストールを求められる。)

Kindle CloudはStoreとReaderの大まかな2つのアプリで構成。
使う側からするとプレーンに2つのWebサイトといった感触なサービスです。

store

また、米国量販店「Walmart」傘下のオンラインビデオサービス
VUDUも8月9日足並みをそろえたかのように
Webアプリでの提供を開始すると発表した。

米国のiPadユーザーはSafariで「www.vudu.com/movies/」に行く
ことで映画をレンタル・購入できるようになったようで。

Vudu
Chromeでみるとこんな感じ。

Appleが同社の新しいアプリ内購読規制を強化したことを受けて、
アプリケーション開発側は電子書籍の購入や購読申込み用の
外部機構へのリンクを一切外す必要があり。
Appleのプラットフォーム上のApp内でマトモに商売をするには
とにかく30%をAppleに払わなければならないと言うもの。

さすがに30%も全品払ってたらオマンマ食い上げだ!ということで
今回の様な回避策をとったんでしょうね。

 

 仁義なき戦い―美能幸三の手記より (死闘篇) (角川文庫 (4394))
で、本当のところは回避策なのかこのあとずっとHTML5で行くのかは
解かりませんが、お客の定着とAppleの腹づもり次第なんでしょうね。

まぁ、こういった縄張り争い如何では同じ分量の仕事をしても
全然儲けも変わってくるでしょうし、Appleもコンテンツホルダも
真剣なところなんでしょう。
(AmazonはそれでもAppleユーザーの上客は逃したくないし
AppleもiTunesを前面に押し出しすぎるとAmazonなどが居なくなるし
非常に難しい微妙なせめぎ合いなんでしょうね。)
 

で、早速いま、AmazonのKindle cloud readerを触ってみたけど
印象はやはりWebブラウザですね。

Appでネイティブ環境にアイコンが置かれない分
習慣的にこの「Webアプリ」を使わないと
「Webアプリ」というか、Webサイトの存在感が
希薄になってしまうと言う微妙な状態になりそうですね。

つまり、EC+リーダーを実装したサイトを
活用し続けるにはユーザー側の慣れと慣れるまでの
努力が必要というところかと。

似たようなサイトがないか考えてみたところ
Jコミさんがちょうどそんな感じかと。

Jomi

Jコミさんでは丁度ムラサメというビューアーでPCやiPad向けに
コンテンツを出してますが大体そんな感じですね。

Jコミさんは無料だから見るけど、Kindleやビデオを
Webで見ると言う様式は定着するのか少し疑問です。
(Youtubeとかも無料だから見る。ニコニコ動画とか有料でも
面白ければ見るって人もいるし、価値をどう作るかなんでしょうね)

Kindle Cloudに関しては、書棚としての価値が出てくれば
定着するのかな?とおもったり。

 

山善(YAMAZEN) 積み重ね本棚(幅90 高さ92) ダークブラウンCOR-9090S(DBR) <クラウドにはまだ負けないぞ!

ネタ元

アマゾン、ウェブアプリ「Kindle Cloud Reader」を発表–HTML5に対応
CNET Japanさん

広がるAppleの“App Store税”対策 ビデオ配信のVUDUもWebアプリを公開
ITmedia エンタープライズ.さん

Kindle Cloud Readerさん
https://read.amazon.com/about

Jコミさん
http://www.j-comi.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です