Appleは規約を緩和したが、新聞メディアはプラットフォーム戦争から脱走の構え。 #nenet #applejp

なめても安心 赤ちゃん専用新聞

書籍の電子化がいまいちはやらないのは、iOSかAndroidかEpubかKindleか
将来自分が付き合って行きたいプラットフォームが
いまいち見えないからだという風に最近考えています。

 

プラットフォームに縛られない自由な媒体として新聞が生きのこる道は?

 

と、考えたかどうかは知りませんが、ブラウザで見れるWebアプリ化を果たし
Web上で課金する新聞Finantial Timesが登場
(Finantial Times紙は既に多くの読者をiOS上で獲得しているが今回Webアプリ化)

 

アダルト分野では数ヶ月前に展開している「Webコンテンツの有償課金展開」を
新聞社もとり始めたということらしい。

 PLAYBOY 50YEARS THE PHOTOGRAPHS PLAYBOY創刊50周年記念写真集 新聞より進んでる?

ちなみに、当のアップルは2月に出したジョブズ御大のジャッジから
少々緩和した規約を公開しましたが、新聞社のApple離れが始まる可能性も。
(ちょっとやり過ぎた感が多かったんでしょうね。)

新聞メディア自体は運営スタイルのダウンサイジングや
Webへの適応が早い会社は復調すらしているようだし
AppleやAndroidに生命線をゆだねる必要のない独立した
スタイルをとってくるところも多いのではないでしょうか?

名声や権威の有った媒体だけが生き残るわけでもなく
より時代のニーズにマッチした情報を配信できる会社
生き残るようになってきたという部分はWeb的で面白いなとも思います。

 

プラレール いなかの駅 J23< プラットホームおヒトツいかがですか?

ネタ元

Engadgetさん
http://japanese.engadget.com/2011/06/10/finantial-times-ios/

Cnetさん
http://japan.cnet.com/news/service/35003912/

マイコミジャーナルさん
http://if.journal.mycom.co.jp/news/2011/01/20/007/index.html

Jcast Newsさん
http://www.j-cast.com/2011/06/10098068.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です